画箋堂 京都精華大学店 からの お知らせ用ブログ です


by GWASENDO
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「ばれん 本ばれんの製法と使い方」

木版画は摺りで決まる!と、この本の帯にあります。
ワタシは、年賀状づくりで版画をやるくらいですが、
「なるほどそうだな」とうなずいてしまいました。
アタマを捻って図案を作り出し、
手や肩や首までこりこりになるほど頑張って彫って、
「これは思い通りの出来だ!」と期待に心を踊らせ、
…ここまではいいのです。
そののち、はやる心を抑えつつ摺りに入るのですが
どうにも納得いかない摺り上がりに、がっがり…。
ということの繰り返しだったりしますから。
f0232713_11153198.jpg
この本では、本格的なばれんの作り方が
とても詳しく紹介されていて、
伝統の職人ワザのすべてが分かります。
またばれんの使い方や手入れ、修理のしかたも
解説してあります。
この本を読んだら、いい道具を
大事にていねいに使いたいな、と思いました。
やっぱり、奮発していいばれん買おうかな(笑)
なお巻末の
「版画関連施設・材料店・材料/用具価格一覧」
のページに、
画箋堂の本店も掲載してもらっています。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by GWASENDO | 2010-06-19 12:45 | 書籍